競馬検証サイト&競馬最新情報 | JRA-KEIBA.net

競馬ファンの為に安心して競馬情報サイトを利用できるように競馬検証するサイトです。競馬情報で詐欺や騙されない為にどうするか。実際の競馬情報を元に検証、調査をしています。

pic_detail1

情報配信

大阪杯(GI)注目の出走馬!

春の古馬中距離戦線の新たなGI が幕を開ける
春の4歳以上中距離戦線に新たなGI レースが誕生した。昨年まではGII で行われていた大阪杯が格上げされ、これまで春競馬になかった古馬の中距離GI に生まれ変わった。記念すべき初代覇者として歴史にその名を刻むのはどの馬か? 好走馬に迫るヒントとなりそうな項目を、複数の視点からピックアップした。

キタサンブラック

pic_detail1

牡5歳
調教師:清水久詞(栗東)

父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!
パドックではうるさい仕草が一切なく、常に堂々とした周回を見せる馬。この馬の安定した走りは、どんな状況でも崩れない精神力の高さから生まれているものだろう。本レースへ向けてしっかりと調教を積まれており、死角らしい死角は見当たらない。

マカヒキ/h3>
pic_detail2

マカヒキ
牡4歳
調教師:友道康夫(栗東)

父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!
昨年1月のオープン特別・若駒S(京都・芝2000m、1着)時の馬体重が496kgで、前走の京都記念(3着)時が502kg。これを安定していると見るべきか、それとも成長力が足りないと考えるべきなのか。今後を占う重要な一戦となりそうだ。

サトノクラウン

pic_detail3

牡5歳
調教師:堀宣行(美浦)

父:Marju
母:ジョコンダII
母の父:Rossini
ここに注目!
前走の京都記念を勝ち、同レース連覇を達成。少しイレ込んでいるようにも見えた昨年と違い、今年は実に堂々としており、精神面の成長が感じられた。今なら好走実績のない阪神・芝コースにも不安はないだろう。

アンビシャス

pic_detail4

牡5歳
調教師:音無秀孝(栗東)

父:ディープインパクト
母:カーニバルソング
母の父:エルコンドルパサー
ここに注目!
行きたがる気性が課題で、スローペースになると折り合い面を重視した競馬を余儀なくされる。全能力を発揮するためには、早いペースで流れるかどうかが鍵になる。GI となった本レースを制し、念願のビッグタイトルを獲得したい。。

ヤマカツエース

pic_detail5

牡5歳
調教師:池添兼雄(栗東)

父:キングカメハメハ
母:ヤマカツマリリン
母の父:グラスワンダー
ここに注目!
前走の金鯱賞(1着)時の馬体重は516kgと、デビュー以来で最高の数値。GI を見据えた仕上げだったことは確かだが、馬体そのものがビルドアップされている点も見逃せない。これまで良績のない阪神・芝コースに対応できれば、GI タイトルに手が届くかもしれない。

ミッキーロケット

pic_detail6

牡4歳
調教師:音無秀孝(栗東)

父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ

母の父:Pivotal
ここに注目!
前々走の日経新春杯(1着)の時からリングハミに換えたことで、モタれる面はかなり解消してきたようだ。まだゲートの課題は残っているが、馬自身は昨秋から急成長を遂げいる。多少の馬体増は成長分と考えてよさそうだ。

-情報配信
-